google検索  

組合概要

HOME >> 組合概要 : ご挨拶

ご挨拶

 平成27年度の日本の経済は、円安や原油安による恩恵に加え、財政政策や株高もあり、実質経済成長率(GDP)は2%前後が見込まれます。特に、大企業を中心とした設備投資が増加基調に復すものと思われます。ただ、円安基調が定着したことや、資源国の低成長、EUでの財政問題や地政学的リスク(ウクライナ・IS問題)が世界経済に与える営業も不安要因となっており、外需頼みの日本経済には強く不安を抱いております。そうした意味では、何といっても内需拡大こそが日本経済成長の要であり、政策として金融・財政・成長戦略などあらゆる施策を総動員し、対処してもらいたいものです。                                             

  前述の経済情勢を勘案すると、今年も関東通信事業協同組合にとって、まだまだ厳しい状況が続くものになると認識致しております。加えて、他組合の営業活動の活性化による組合員企業の退会も発生している現状も踏まえると、事業規模の維持・拡大には、益々職員一人一人の意識改革と事業の利便性アップのためのシステム改善、更なる事業活動の強化といった対応が必要と判断されます。今期は、「ニューチャレンジを実行・定着される年」と位置付け、。釘圍短業を中心に新たなターゲットの顧客開拓(組合員確保)を行う⊃靴靴っ楼茵国からの外国人技能実習生等を入国、定着させる。F管法等の改正を踏まえ、新分野への外国人技能実習生等の準備、仕組み構築を行う を行ってまります。加えて、前年にできなかったETCコーポレートカード・クレジットカード請求システムの再構築にも取り組んでまいります。  

  当組合も皆様のお陰で創設24年を迎えることができました。ただ、言うまでもなく組合の存在意義は「相互扶助」であり、「組合員企業の健全な発展の一助のためにある」という基本認識を常に忘れることなく、組合員企業の皆様に喜んでもらえる事業に取り組んまいりますので、今年度も宜しくご指導をお願い申し上げます。

代表理事 鮫島宗明
代表理事 鮫島 宗明